国内旅行・海外旅行・団体旅行のことなら埼玉のアトレ川越1階にある旅プラザ21へ

旅プラザ21、埼玉県川越市脇田町105番地 アトレビル1階 電話:049-226-7077 営業時間/10:30~20:00



旅行条件書

  • 仕切り線
  • 国内旅行
  • 仕切り線
  • 海外旅行
  • 仕切り線
  • 団体旅行
  • 仕切り線
  • 店舗案内
  • 仕切り線
  • よくある質問
  • 仕切り線
  • お問い合わせ
  • 仕切り線

旅行条件書

手配旅行条件書

■ 旅行条件

*本旅行条件書は、旅行業法第12条の4に定める「取引条件説明書」及び同法第12条の5に定める「契約書面」の一部となります。また、「標準旅行業約款<手配旅行契約の部>」に準じて作成しています。
*変更料・キャンセル料等で特例規定のある商品に関しては、特例規定の条件が優先されます。
1. 手配旅行契約

(1)この旅行は、有限会社旅プラザ21(以下「当社」といいます。)が手配する旅行であり、この旅行に参加されるお客様は当社と手配旅行契約(以下「旅行契約」といいます。)を締結することになります。

(2)旅行契約とは、当社がお客様の委託により、お客様の為に代理、媒介又は取次をすること等により、お客様が運送・宿泊機関等の提供する運送・宿泊その他の旅行に関するサービス(以下「旅行サービス」といいます。)の提供を受けることができるように手配をすることを引き受ける契約をいいます。

(3)旅行契約の内容・条件は、本旅行条件書、当社旅行業約款(以下「当社約款」といいます。)によります。

(4)当社が善良な管理者の注意をもって旅行サービスの手配をした時は、旅行契約に基づく当社の債務の履行は終了致します。従って、運送・宿泊機関等との間で旅行サービスの提供をする契約を締結できなかった場合でも、当社がその義務を果たした時には、当社所定の旅行業務取扱料金(以下「取扱料金」といいます。)をお支払い頂きます。


2. 旅行のお申込みと契約の成立時期

(1)旅行のお申し込みは、当社にて当社所定の旅行申込書に所定の事項を記入の上、下記申込金を添えてお申し込み頂きます。若しくは、電子メール(ウェブの予約画面を含む)・お電話・ファクシミリその他の通信手段により、手配旅行契約の申込みを受け付けます。
旅行契約は、当社が契約の締結を承諾しお客様から受領した金銭を申込金として受理した時に成立するものとします。

(2)当社は本項(1)の規定にかかわらず、書面による特約をもって、申込金の支払を受けることなく契約締結の承諾のみにより旅行契約を成立させることがあり、この場合には書面に記載した年月日に旅行契約が成立するものとします。

(3)当社は本項(1)及び(2)の規定にかかわらず、旅行代金と引換えに旅行サービスの提供を受ける権利を表示した航空券等の書面を交付するものについては、口頭による申込を受け付けることがあり、この場合当社がお客様のお申込を承諾した時に旅行契約が成立するものとします。

(4)お申込金は、お客様お1人につき20,000円とさせて頂き、旅行代金・取消料その他お客様が当社に支払うべき金銭の一部にそれぞれ充当するものとします。


3. お申込み条件

(1)お申込時点で18才未満の方は、保護者の同行または同意書の提出が必要となります。
(2)現在健康を損なっていらっしゃる方、妊娠中の方、身体に障害をお持ちの方などで特別の配慮を必要とする方は、その旨お申込時にお申出下さい。旅行の安全かつ円滑な実施の為、同伴者の同行を条件としたり、場合によってはお申込をお断りさせて頂くこともあります。

(3)その他、当社の業務上の都合によりお申し込みをお断りする場合もあります。


4. 旅行代金のお支払い

(1)旅行代金とは、当社が旅行サービスを手配するために、運賃・宿泊料その他の運送・宿泊機関等に対して支払う費用及び当社所定の取扱料金(変更料及び取消料を除きます。)をいいます。
(2)旅行代金(旅行代金からお申し込み金を差し引いた残額)は、旅行開始日の前日から起算して14日目にあたる日より前までに、当社が指定した方法にてお支払い頂きます。但し、ピーク時期のご出発や、航空券の券種等により異なる場合があり、この場合は契約時に定めた期日までにお支払いを頂きます。


5. 空港諸税等について

(1)航空券発券時に徴収となる空港諸税、空港施設使用料、航空保険料等は旅行代金には含まれません。別途日本円でお支払い下さい。尚、徴収額はご利用頂く航空券運賃の大人・子供種別に準じます。

(2)日本円換算額は旅行契約の成立時点で確定し、それ以降の為替相場の変動による追加徴収、返金はいたしません。但し、空港諸税等の新設や金額の変更により徴収額が変更になる場合があります。


6. 旅行代金の変更

(1)当社は、旅行開始前において、運送・宿泊機関等の運賃・料金の改訂、為替相場の変動その他の事由により旅行代金の変動が生じた場合は、当該旅行代金を変更することがあります。

(2)旅行代金の変動の差額はお客様の負担とさせて頂きます。


7. 団体・グループ手配

(1)複数のお客様から責任ある代表者(以下「契約責任者」といいます。)を定めて同一の旅行内容(同じ行程を同時に旅行する)の手配を依頼された場合には、本項の規定を適用いたします。

(2)当社は、契約責任者が当該団体・グループの構成者から旅行契約締結に関する一切の代理権を与えられているものとみなし、契約責任者との間で旅行契約の締結・旅行業務に関する交渉等を行います。

(3)尚、契約責任者が団体・グループに同行しない場合、当社は契約責任者が選任した構成者を代表責任者とみなします。

(4)当社は、契約責任者と旅行契約を締結するに際し、申込金の支払を受けることなく契約締結の承諾のみにより旅行契約を成立させることがあります。この場合、当社が契約責任者に「申込金の支払をうけることなく旅行契約を締結する旨を記載した契約書面」を交付したときに旅行契約が成立するものとします。

(5)当社は、契約責任者から構成者変更の申し出があった場合可能な限りこれに応じますが、変更によって生じる旅行代金の増加及び変更に要する費用は、構成者に帰属するものとします。

(6)当社が契約責任者からの求めにより添乗員を同行させた場合、同行させるのに必要な旅費・添乗サービス料を申し受けます。尚、添乗サービスの提供時間帯は、原則として8時から20時とさせて頂きます。

8. 契約内容の変更・解除
(1)お客様による契約内容の変更・解除
a.お客様が、旅行日程、旅行サービスの内容その他の旅行契約の内容の変更を求めてきた場合、当社は可能な限りその求めに応じます。また、下記費用をお支払い頂くことにより、いつでも旅行契約の全部又は一部を解除することができます。但し、契約変更・解除のお申し出をお受けできるのは、お客様がお申込をされた当社営業所の営業時間内に限らせて頂きます。(お申し出日により変更・取消料の額に差が生じることもありますので、営業所の営業日、営業時間、連絡先等はお客様自身でも申込時点で必ずご確認願います。)b.お客様から旅行契約の変更・取り消しのご連絡を受けた日が、ご出発の前日から起算して下表の通知日に該当する場合、規定の変更・取消料を申し受けます。ただし、航空券の種別や条件によっては、下記の規定とは異なる変更・取消料が生じる場合があります。規定外の変更・取消料が必要な航空券は、担当者からご案内の上、交付書面に明記または同封致します。

(2)お客様の責に帰すべき事由による解除
当社は、お客様が所定の期日までに旅行代金を支払わない時は、旅行契約を解除することができます。この場合、下記取消料をご負担頂きます。

(3)当社の責に帰すべき事由による解除
当社の責に帰すべき事由により旅行サービスの手配が不可能となったときは、お客様は旅行契約を解除することができます。この場合当社は、旅行代金からお客様が既にその提供を受けた旅行サービスの対価として、運送・宿泊機関等に対して既に支払い、又はこれから支払わなければならない費用を控除した残金をお客様に払い戻します。


(注1)ピーク時期:4/25-5/5, 8/5-8/15, 12/20-1/5


* 出発日を60日以上先へのご変更する場合は、取り消し扱いとさせて頂きます。また60日以内でも変更日がお取りできない場合も取り消し扱いとなります。
*旅行契約の変更とは、ご予約頂いた日程、行き先、ルート、利用航空会社、旅行者氏名、その他予約内容の全てが対象となります。尚、旅行者の交替は旅行契約の変更ではなく取り消し扱いとなります。
*航空会社が個別に定める販売条件により、発券期日が設定されている航空券の発券期日以降や、お客様のご希望により事前に航空券を発券した場合、発券日以降の変更は取り消し扱いとなります。


(注1)ピーク時期:4/25-5/5, 8/5-8/15, 12/20-1/5
※旅行代金50,000円以下に関しては、( )内のお取消料となります。
※☆印部分は、50%と( )内料金の高額な方を申し受けます。



*上記取消料は、主催旅行・ホテル・各種パス・正規割引航空券(ペックス運賃等)・ビジネス・ファーストクラス利用航空券等には適用されません。この場合別途書面にて、ご案内致します。
*航空会社が個別に定める販売条件により、発券期日が設定されている航空券の発券期日以降や、お客様のご希望により事前に航空券を発券した場合等、通常(14日前)の航空券発券時期以前に発券した場合は、その時点より取消料が50,000円(航空券代が5万円に満たない場合は全額)となります。
*旅行契約の取消・変更の通知前に航空券をお受取り済みの場合、必ず未使用の状態で当社までご返却下さい。万一ご返却頂けない場合は、代金の全額若しくは当該区間の正規航空券代金を申し受けます。
*当社ではお客様の都合による予約の取り消しに伴うご返金の際の振り込み手数料はお客様ご負担となります。予めご了承下さい。


9. 渡航手続き

(1)ご旅行に要する旅券・査証・再入国許可及び各種証明書の取得及び出入国手続書類の作成等はお客様ご自身の責任で行って頂きます。但し、当社は所定の料金を申し受け、別途契約として渡航手続きの一部又は全部の代行の契約を締結した場合、その契約に則り手続を行います。この場合、当社はお客様ご自身に起因する事由により旅券・査証等の取得ができなくてもその責任は負いません。なお、当社以外の旅行業者に渡航手続きを依頼された場合は、渡航手続きの業務にかかわる契約の当事者は該当取扱旅行業者となります。(2)当社は、お客様が旅券や査証の不備によりご旅行を中止せざるをえない事態が生じても、旅行代金の返金や補償には応じられません。
10. 各種書面の作成

当社は、お客様からの求めに応じ、見積書、行程表、当社が発行する所定の様式以外の領収書等の書面を作成する場合、別途契約として旅行相談契約を締結し、その契約に則り手続を行います。


11. 当社の責任

(1)当社は、交通機関のサービス提供に関して代理媒介するものであり、当社自身はそれらの機関のサービス提供責任者ではありません。
当社は、交通機関及びこれらの従業員等第三者の故意又は過失による損害に関しては一切責任を負いません。(交通機関が定める約款が適用されます。)

(2)当社は、手配旅行契約の履行に当って、当社の故意又は過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償する責に任じます。但し、損害発生の翌日から起算して二年以内に当社に対して通知があったときに限ります。

(3)お客様が天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の停止、官公署の命令その他の当社又は当社の手配代行者の関与し得ない事由により損害を被ったときは、当社は、前項の場合を除き、その損害を賠償する責任を負うものではありません。


12. お客様の責任

(1)お客様の故意又は過失により当社が損害を受けた場合、当社はお客様から損害の賠償を申し受けます。

(2)お客様は、手配旅行契約を締結するに際しては、当社から提供された情報を活用し、お客様の権利義務その他の手配旅行契約の内容について理解するよう努めなければなりません。

(3)お客様は、旅行開始後において、契約書面に記載された旅行サービスを円滑に受領するため、万が一契約書面と異なる旅行サービスが提供されたと認識したときは、旅行地において速やかにその旨を当社、当社の手配代行者又は当該旅行サービス提供者に申し出なければなりません。

旅行条件・旅行代金の基準

この旅行条件は2005年4月1日を基準としています。また、旅行代金も2005年4月1日現在有効なものとして公示されている航空運賃・適用規則を基準として算出しています。